てつんどの絵
 僕の親父は、洋画家でした。3月10の東京大空襲で、谷中のアトリエを失くしました。
 
 親父の祖父の故郷、岡山県、美作の国、旭川の水源のある上德山に疎開しました。家族は、僕の祖母、お袋、姉二人、親父と僕の六人家族でした。
 
 油絵描きの親父が、中国山脈の山の中に帰っても、家族を養っていけるだけのものは何もありませんでした。祖先からの山や、畑や、田んぼは、親父が東京で絵描きの勉強中に食い尽くしていました。だから何も残ってはいなかったのです。
 結果として、最後まで貧乏画家でした。
 
 絵と僕の関係は早期に決していました。
 
 僕が小さいころ、5~6歳のころから、水彩の絵を親父のまねをして描いていました。
 ある日、あまりにもうまく、大人っぽく絵を僕が描いたので、親父は僕が描いたとは信じませんでした。大ゲンカになりました。今でも、はっきり、記憶してます。
 
 結果として、「僕は絶対に絵描きにはならない」と早期決断をしたのだと思います。でも、僕の深いところでは、絵が好きだったのだと思います。
 
 そんな僕が描いた、数少ない絵を並べてみたいと思います。並べてみると、風景と静物、動物しか描いていません。人は大の苦手だったと分かります。
 
1.描き始めの頃                  : 新宿風月堂 窓明かり 新宿御苑                     
 
2.中野・三味線橋とか      :  雷の夜 Sのアトリエ 外堀・弁慶橋
 
3.スケッチブックを持って     : お堀の黒鳥 病葉 不忍の池・ハス
 
4.絵描きの卵に魅せられて   : 夜のスタンド 上野文化会館 バイゾン
 
5.女子美生に魅せられて    : 平林寺の竹林 平林寺の林 平林寺の松
 
6.自由な時間           : 鎌倉 大楠山1 大楠山2
 
7.失意のころ            : 谷中 谷中の墓地 三浦半島・荒崎
 
8.一人の時間           : 西湖 千葉・木下(きおろし)
 
9.日比谷界わい          : 日比谷公園 堀ばた 警視庁 祝田橋
 
10.新しい時の始まり       : 夜の林 窓からの林 箱根 奥志賀

FOLLOW ME

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • c-youtube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now